« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

テストフライト Oxalys60(電動)

我JFCの中で唯一電動の伝道師のOTさん。商売柄、知識豊富です。もし電動をやるなら無知な私にとってはすべてをOTさんにまかせてもいいと思うくらいの存在です。データテェック、各パーツの冷却効果、風の通り道、すべて計算ずくです。昨日オキザリスのテストパイロットを私がしましたが今まで飛ばした50クラスの中では素晴らしいフライトでした。フラツキは全く感じません。初フライトでF3Aパターンをこなせそうな感じでした。癖もほとんどなく上の上のテストフライトです。上昇もどこまでも上っていきます。ただ難をいえばちょっと重い感じでした。シワを取ったあとクリアーをかなり多く塗ったと言っていました。_075

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また塗装。

今日、本当は飛行場に行く予定でいたが天気予報が午後から雨の為断念、それならば、昨日研ぎ終わった機体の白でも吹き付けるか!。量と色付きを確認しながら2時間の死闘で酸欠状態になりつつ終了。毒ガスマスクも長時間していると息苦しいです。塗料はカンペのウレタン(2液10;1)PG-80とシンナーもカンペPG80です。THの値段に比べたら絶対特です。この白3.8Lでたしか4000円?だったと思います。白はよく使います。このローズレッドに白を混ぜれば明るいピンク、また中間色には混ぜるので腐らすことはありません。_066 _067

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZIGEN ACE 塗装終了

K君のZIGEN ACEの塗装がやっと終了しました。ZIGENの中では比較的に軽く4650~4700gの予想です。これからはまた自分のGood Shootの塗装でタルク落しから作業再開です。年内に終わるか?自分のだから気まま次第だぁ~。

ZIGENの父と先週新型について打ち合わせしました。まだ完全に具体化はしていませんがオボロゲながら会談でした。ZIGENの父も今忙しく、来年の話。Kさん期待しています。いつになるかわかりませんが_061 飛行場に図面を持って来るのを楽しみにしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あぶねぇ~ところ

今日も懲りずカナライザーのテスト。午前中、風が強く今までにない横風テストです。感じはいいです。やはり直進性がよく風見も減ったよう。やはり使えそう。午後からは微風で絶好のコンデションでここでエレベーターの気になるところが出て、やっぱ?。最後外して飛行したが同じように?ヘン?即、緊急着陸で点検するとなんとエレベータサーボがハンチングを起こしているんです。お~!!あぶねぇ。あぶねぇ。・・・・・このまま飛ばしていたら利根川のモクズになっていたかも~。9150修理出さねば。カナも今度再テストです。

今迄なれたP05から今日はP07で演技を憶えながらのテストですがなかなかかもしんないです。

もう一枚も画像は飛行場から一番近い筑波_049 _051 山の画像です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

北関東フライトコンテスト(羽生)

今日は久々の大会ですが肝心なデジカメを持って行くのを忘れてしまいました。画像は他のBlogにてありますのでご勘弁下さい。でもこういう大会は検定会、予選会とは違って非常に楽しめますね。人の点数も気にならないし、皆との懇談会もあり情報も収集出来ます。また是非誘って下さい。チームBlogの皆さんにはお世話になりました。また応援に駆けつけてくれたA井さん有難うございました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

マーキング

塗装の段階でのマスキング凄く嫌です。めんどくさい。いくら適当な人間な私でも一応は型紙に書いて、それを写してマスキングする訳です。今ではステカを使う人も多いようですが。マスキングシートもそれなりに高価ですのでもったいない気はします。

マーキングは型紙を作成したあと細めの半田ゴテで穴をあけまくります。以前はカッターで切っていましたが今のやり方がの方が楽チンです。もっと楽な方法がありました教えて下さい。_021

| | コメント (1) | トラックバック (0)

カナライザー(昨日)

1010さんからも報告がありましたので自分なりでの感想です。

1回目・・・すげぇ~(別物の飛行機じゃん)2回目・・・うん???3回目ちょっと変4回目何か異様な動き????5回目舵のフィーリングが合わない、思った所に飛行機がこない。ロールで舵を打ちすぎ・・・。昨日もカナライザーテスト中にN畑さんが来て話しましたがメリットとしては直進性がよくなる、浮きがよくなるということは確かです。しかしこれをつけて今すぐよく飛ぶという物では無いとわかりました。中にはすぐに使いこなせる人はいると思いますが自分には無理です。長いスパンでの馴れ(前後左右の風の具合)、舵角のセッティングの煮詰め、がかなり必要だと感じました。N畑さんも最初から付けて飛ばして入れば問題はないんだろうけどね。同感です。もう1回オフにチャレンジしてみます。来週の大会では私もカgood_shoot_068ナライザー無しで飛ばします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

検定会見学

今日の石毛での検定会は中止だろうとAM9:30頃クラブ員のNさんに電話したら「もう始まったよ」・・・えぇ~!こっちは雨うってんどぉ~。まあ暇だからちょっといってみんか。てな感じで家を出発した。50分後会場に着くと飛んでいます。飛行場内はグチャグチャ。帰りは車出れる?

いました。クラブ員面々、Sフライングの皆さん、チームBlogの皆さん。しかし我JFCの2人はすでに終了していました。Oさんは土俵に上がれず「残念!」、Nさんはそれなりの飛びはしていましたが点数が伸びず悩んでいました。

チームBlogの皆さんは良く飛んでいましたがちょっと近すぎでは???朝会長から近くを飛ばすようにとあったそうで皆意識して近め飛行!しかし前風があり皆手前に流れてきてしまいました。コンパクト、余裕無し、の感じで合格率は低かったようです。前風の近めは難しいです。こういう前風のときこそ距離を取りエンコン操作でよって来るって感じがいいんじゃないでしょうか。皆さんお疲れ様でした。_016 _017

| | コメント (4) | トラックバック (0)

テスト2日目

カナライザー(補助翼)のテスト2日目です。昨日のテストした2人と今日は1035さんが興味深々で昨日から予約をもらいましたので、無しで2フライトのち3フライト目にカナライザーを付け飛行してもらいました。「今までのトルクサイドの舵の練習はなんだったん。」と。

そして1010さんが来ました。「お主の腹の中見えたり!」カナライザーを付けて飛行したいのが見え見え。そんな訳で「ちょっと付けてやってみれば」。感想は本人から聞いて下さい。

テスト飛行した4名は殆_008ど同じ意見でした。

| | コメント (25) | トラックバック (0)

フライトインプレッション

カナライザー(補助翼) のテスト飛行を行いました。しかし修理返りのエンジンが調子悪く再調整ののち何とかすることが出来ました。恐るべし!・・・るるー、想像を超える結果が得られました。これを付けたのと、無いのでは0.5違う箇所があるかも?Mさんの記事通り直進性が増し、右ラダー(背面左ラダー)が余り気ならなくなった。正面、背面とも浮き(揚力)まし安定性を感じます。特に下から上に上昇背面抜けのハーフスクエアなどの演技の場合下に下がりますがこのカナライザーの効果で中速でも水平に抜けて行きます。ロールも楽。こんな小さな補助翼ですが複葉効果があるようです。ぺラでの交流も今までと違う感触です。E、Rとの素直です。

次にED所持者の機体に装着し実際に飛ばして貰いました。このご人もビックリ舵が少なくなり飛ばすのが楽。自作するそうです。

ちょっと褒めすぎかな?でも本当です。good_shoot_068

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »