« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

天気はよかったんだが・・・・

昨日朝からいい天気。絶好の塗装日和。飯を食って、出すものを出して、犬の運動をし、車庫を塗装の為に準備しOK.!。機体を移動し、さあ塗るぞという時に風がやや強くなって来ました。まあ大丈夫だろう。と吹きつきを開始。胴体を塗ろうと塗装台に移動し、塗料を取りに3m移動した隙に風で胴体が1m下のコンクリートに落下。水平尾翼も。涙・・・・・とりあえず作業も中断でないので応急で修理。2P7260084 回目のクリアまでに考えますわ。タッチペンでごまかすか。

今日、帰りが早かったので水砥ぎを。その時天気雨でちょうど半円を描いた虹が。半円の虹を見たのは何年ぶりだP7260081 ろう。P7260080 P7260082

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんな飛行機でも作るのは、大変

塗装は仕上げのクリアを残すのみであとは天気を待ちます。繋ぎで手に入れたアルテシアをちょっとやろうと思い箱を開き。まずは付属から。P7230071 ちょっと見にくいですが国産のパーツ、ヒロボー、IM、テトラ、等のリンケージパーツが入っています。このパーツの金額だけでいくら?一番機に使いたいくらいです。

P7230073_2 次にエンジン周りを見て借りに組んで見ると、付属のエンジンマウントが合わない!まずエンジンの前方の三角補強が邪魔していてマウントが平行にはいらず。 しかたなく当たる部分をカッターでカット。

しかしこんな飛行機ならと思い買ったんですがどんな飛行機でも作るのは大変だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色付け終了

P7190062 昨日、今日の連休で取りあえず色付けは終了です。塗料が乾くのを待ってマスキングをすべて剥がしはじめてどんな感じか・・・・・まあ私がやるのだからこんなもんでしょう。多少手直しが必要です。失敗箇所も結構あり、面倒です。塗料が落ち着くのを待って作業再開とします。今回の塗装でご協力をしてもらったAさんには感謝です。初飛行まではまだまだ、やはり彼岸ごろか?くれぐれも初飛行の際はAさん所有のアルティアとは比較しないようににお願いいたします。まったく比較対象になるような出来ではありませんので。

ちなみにこの機体はナルケホビーのアルティアですが多少改してあります。名前も09はもう終わりなのでスーパーアルティアではなくアP7190064 P7190069 ルティア スーパーです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

生活の一部

インターネットが出来なくなると不満!塗装進行中ということもあり、突然インターネットがつながらなくなった。・・・・・ちょうどマスキングシートがなくなり発注しようしたところ。本体か?、モデムか?どうやらモデムらしいです。やむを得ずOさんに電話で発注をお願いしました。それから加入しているniftyへ電話してなかなかつながらない!電話終了まで1時間かかり事情を話しモデム交換とあいなりました。「1週間ほどお時間かかりますので。」・・・長い!しかしどうしようもない。しかし今日仕事から帰ってくると届いていました。さすがnifty.  今となってはインターネットは生活の一部であり非常に不便ということをつくづく感じたしだいです。塗装はどこまで行ったかって?青メタ失敗。気にしない。やり直す気力は全くありません。P7120059 P7120060

| | コメント (2) | トラックバック (0)

老眼鏡

近年、飛行機作りも歳と比例しペースダウン時間効率がものすごく悪い。原因は「目」です。特に夜の作業で作っていますのでより正確さをかきます。今塗装中の飛行機も例外ではありません。老眼鏡をしても塗装済みラインがはっきりと見えないです。そこで強めの老眼鏡があったので試しでつけて見るとよく見える。しかし他の視界はおぼろげで長時間していると頭が「クラクラ」困ったもんです。P7040058

| | コメント (2) | トラックバック (0)

湿度95%

よりによってこんな梅雨時に塗装作業になろうとは。夕方の天気予報では雨は降っていないけど湿度95%と言っていました。しかし天気をを選んで作業する余裕はありません。会社帰宅後即塗装しました。シンナーが飛ぶにつれ曇ってしまいます。今までの経験からだと塗装が完全に乾くとある程度カブリはとれるハズ。すでにブランクは4ヶ月を突入しています。即飛ばしたい一身でアルテシアを2階に上げ袋を剥いで中をみました。結構よく出来ています。ラダーのパイプがみあたりません。これがちょっと不満です。やはり飛ぶまでは時間がかかります。P6300052 詳細はボP6300057チボチと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »